CSRサステナビリティ

RSテクノロジーズのサステナビリティ

当社は、2010年12月、ラサ工業株式会社よりシリコンウェーハ再生事業を承継し、事業を開始しました。売上高ゼロからスタートし、2015年に東京証券取引所マザーズへ上場、また翌年の2016年には東京証券取引所市場第一部へ市場変更、さらに2018年にはプライムウェーハ事業にも進出するなど成長を遂げて現在に至ります。
操業以来、人や環境を大切に考えた誠実な経営を実践することにより、幅広いステークホルダーの皆様と信頼関係を構築し、協力関係を築いて参りました。ステークホルダーの皆様のご協力を得ることで、様々なリスクや機会を当社の成長に変えることができ、サステナビリティを実現してこれたと考えております。
上記のサステナビリティに対する考え方は、私たちRSテクノロジーズの事業とCSR活動を結びつけるDNAとなっています。

サステナビリティに対する考え方